至らない「オヤ」を許してね(;;)

c0023170_0562476.jpg
ねぎま(奥)とせせり(手前)、我が家に来てから早3ヶ月が過ぎました。
すっかり大きくなり、家の中を縦横無尽に走り回っております。
特にねぎまは、食器棚や冷蔵庫の上にも上がる様になって、すっかり我が物顔。

そんな中、2週間前になりますがちょっとした事件が。
朝方の4時頃、玄関で「ガシャーン!」と大きな音。
慌てて見に行くと、靴箱の上に飾っていた花瓶が一つ、落ちて割れており、猫たちがその側に。
ねぎまが最近、その花瓶に興味を示していたのでヤバイな、とは思っていたのですが。
明け方だったのでご近所迷惑にならないかと慌てて片付け、その場は何事もなかった・・・と思っていました。

次の日の夜。
相変わらず元気に走り回っているねぎまの、右前足の付け根の辺り、どうも毛が固まっているように見えて。
「あんた、何付けたの?」と捕まえてよくよく見たら・・・
ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!
パックリと切り傷が口を開いてるじゃありませんか!?

翌朝、病院へTELし、ねぎまを連れて急行。
既に傷口が乾いていて、新しい傷ではないようだと言われ。
思い当たるのは、花瓶の事しかありませんでした。
全く様子が変わらなかったので気付かなくて・・・というのは言い訳で。
何故その時とっさに「怪我はなかったか?」と思わなかったのだろう・・・
自分達の至らなさに情けなくなりました(;;)

幸い、傷は表面だけのもので、少し時間はかかるけれどもくっつくだろうとの事で。
縫った方がきれいだと言われましたが、麻酔をかけたところでねぎまがちょっと痛がったので、いわゆる「医療用ステープラー」、ホッチキスの様な器具が登場。
7箇所をパッチン、パッチン。
ねぎま、かなり嫌がってましたが、何とか終了。

そして2週間後。
抜糸・・・じゃなくて針を抜いてもらいに再び病院へ。
傷はきれいにふさがっていて一安心。
ねぎまってば、診察台の上でゴロゴロ言ってるし(笑)
先生に「この子の性格は才能ですね」と褒められて???しまいました。

傷は男の勲章・・・なんて笑ってられるのも今だから。
ホントに至らない「オヤ」でごめんね(;;)
[PR]

by neko_myboom | 2010-02-05 00:53 | にゃんこネタ