カテゴリ:にゃんこネタ( 18 )

久々のにゃんこネタ。

またもや大変ご無沙汰で(^^;;
2013年もすっかり明けて久しい今日この頃ですが、
どうか本年もよろしくお願い致しますm(__)m

さて、すっかりTwitterやFacebookの短い投稿に慣れてしまい、
Blogの投稿がひどく疎かになっておりますが、
久々のネタと致しまして、最近ちょっとお問合せ頂きました、
「猫のごはん」の事について書いてみようかと。

そもそも、我が家のにゃんこたちにはドライフードのみを与えておりました。
しかし、せせり♀がとにかく食いっぷり悪く、フードを必ずと言っていいほど食べ残す状態が続き。
加えて、ねぎま♂が一昨年末のワクチンの際、体重が6kg超えしている事が判明し(^^;;
何とかダイエットをと考えていた時に、ふと、猫の手作りごはんの記事を目にしまして。

うちのにゃんこたち、何故かわかりませんが、猫のくせに、小松菜や白菜、キャベツなどの葉野菜が大好きで(笑)
冷蔵庫からこれらを引っ張り出そうもんなら、急にテンション上がって大騒ぎなんです。
毒にはならないと思い、時々おやつ代わりにそのままあげてたんですが、
これ、ひょっとしたら使えるんじゃね?と思いまして。

c0023170_0474349.jpg

基本は二匹の好きな白菜やキャベツをメインに、冷蔵庫にあり合わせの野菜を細かく刻みます。
(あ、ネギとか猫には与えてはいけない野菜類もありますから、その辺は当然注意して。)
これに肉類で鳥のササミのミンチなんかも少し加え、一度火を入れて冷まして保存。
大体、一度に一週間分くらいを毎回作ってるかな。

c0023170_0474532.jpg

これを、毎回ドライフードにちょっとずつ混ぜてあげてます。
ねぎま♂には、ダイエット用のフードと混ぜて、量増しに(笑)

厳密には、肉食の猫に野菜を与える事はほとんど意味をなさないようですし、
カロリー計算や食材のバランスなどにも気を配らないといけないのでしょうが、
その辺り、かなりアバウトです^_^;
ですが、せせり♀はこれでビックリするほど食いつきが良くなり、ごはんを残さなくなりました(^^)
そしてねぎま♂は、昨年末のワクチンの際には約1kgの減量に成功!
二匹とも毛ヅヤも良く、健康状態も問題なしと褒めて頂きました♪

野菜を細かく刻んだりが、毎回結構面倒だったりもしますが・・・

c0023170_0474594.jpg

c0023170_047467.jpg

二匹がお皿までキレイに舐めてくれるのを見る度、幸せな気分に浸る親バカなのでした(笑)
[PR]

by neko_myboom | 2013-01-09 23:57 | にゃんこネタ

これまた一年ぶり・・・無事終了。

ねぎまとせせり、1年ぶりのワクチン接種でした。
すっかり大きくなった二匹、連れて行くのにどうしようと思ったけれど、
仲良く一つのキャリーに納まってくれたので、そのまま連れてっちゃいました(笑)
c0023170_1355286.jpg

車の中で、穏便ねぎまは不安げな声で鳴きまくり、マイペースせせりは無反応。
全くの予想通りです(笑)

病院では待ちもなく、すぐに検診開始。
二匹とも、所見全く問題なし。
検温やワクチンの注射にも大騒ぎすることなく、あっという間に終わりました。

あ、そうそう。
ダイエットを続けてきたねぎまですが。
今回の検診で、ついに5kgの大台を割って4.95kg!!
普段から人様のご飯をかすめ取るような(爆)食いしん坊なので心配してましたが、
どうやら無理なく、良いペースで体重管理ができていたようです。
ちなみにせせりも3.3Kgになってました♪
大きい、小さいと心配していた二匹ですが、今がベストかも。
[PR]

by neko_myboom | 2010-12-13 23:59 | にゃんこネタ

もう1年・・・早いもんですねぇ~。

去年の9月に引越して、そこからあたふたと準備を進め・・・

新しい家族を迎えたのが、ちょうど1年前の今日でした。

早いもんですねぇ~・・・。

c0023170_8182186.jpg


もうすっかり大人の顔ですね。
[PR]

by neko_myboom | 2010-10-29 08:20 | にゃんこネタ

二人とも、とりあえず元気です(^^)

c0023170_10453560.jpg「せせりですぅ
最近アタシに逢えなくて淋しかった?
何だか毎日蒸し暑くって、気だるい感じでゴメンなさいだけど、アタシは元気だから安心してね(はぁと
そうそう、昨日はまた痛~いお注射されて大変だったのよぉ(プンプン
毎月毎月、ホントにイヤになっちゃうわっ」


・・・などと意味もなくセリフをつけてみたり(笑)
相変わらず、せせりの定期的な血液検査は続いてます。
2ヶ月薬を飲んで、期待した効果が出なかった為、1ヶ月薬なしの生活をした後、改めて検査。
肝機能の障害を示す数値は・・・逆に少し下がってたりして(^^;)
まだまだ正常値よりも随分と高いので、安心はできないのですが、これからも様子を見続ける事になりそうです。
そうそう、体重は3.1kgになってました。
ここのところの蒸し暑さのせいか、はたまた餌に飽きたのか(^^;)、ちょっと食が落ちておりますが、もう「ちっちゃい?」と心配する事はなくなりそうです。


そして、こちらは「デカくなりすぎた!?」と心配していた、ねぎまの方。
食餌をダイエット用のものに変え、量もキッチリ制限してしばらく経ちますが、成果が出てきたようです!
今日量ってみたら・・・MAX5.75kg⇒5.2kgに落ちてます!!
c0023170_1141712.jpg
c0023170_1142672.jpg
画像上・ちょうど2ヶ月前/下・今日のねぎま。見た目もかなり、スッキリしてきた気がします♪
しかし、当の本人は・・・

c0023170_11431621.jpg

  「足りねぇんだよぉ~
  これっぽっちじゃよぉ~
  腹減ってんだよぉ~
  もっと食わせろよぉ~」


人の餌に手を出すのは元より、料理した後は虎視眈々と人のいなくなるのを待ち、流し周りを舐めまわす(!)
食い意地の汚さに磨きがかかっております(^^;)
・・・まぁ、そんな子に育ててしまった我々が悪いのですけどねぇ~・・・。
[PR]

by neko_myboom | 2010-07-11 11:44 | にゃんこネタ

無事・・・なくなりました(笑)

c0023170_1432435.jpg昨日・・・やっとその日がやってきました。
ねぎまの去勢手術の日です。
ここのところ、かなりサカってる雰囲気で、まだ発情していないせせりの首根っこに噛み付いてのしかかろうとしたところも発見しているので、ちょっとヤキモキしておりました。
ただ、事前の検査で異常が見つからなければ・・・彼は直ちに「普通の男の子」ではなくなる訳で(笑)
(もちろん、異常があったりしたら困るのですが・・・)
必要な事とは言え、ちょっとかわいそうな気も?(^^;)

そんな複雑な気持ちもありつつ、朝、お腹を空かせたねぎまには朝食を我慢してもらい、10時頃病院へ。
先生から事前の説明を受けた後、念の為の血液検査。
結果・・・異常は全く認められず。
せせりの事があったので・・・とにかくヨカッター・゚・(ノД`)・゚・
そのままお預けし、夕方まで待機。
手術後に一報頂けると言われていたのになかなか連絡来なくて少し心配しましたが、電話してみたら、手術は無事終了し、今麻酔が覚めたところだと言われてホッとしました。

私はそこから仕事だったので、お迎えはK三氏にお任せ。
連れて帰った直後はまだよたよたして元気もなかったみたいですが、私が帰った頃には随分と元気が戻っていて、夜遅くに少し食餌もさせましたが、約1日ぶりの食餌にガッついておりました(笑)
吐いたりする事もなくてこれまた一安心。

今はすっかりと元の調子になりました。
傷をあまり気にする様子もなく、いつも通りの食いしん坊っぷり。
ただ、痛い思いをしたり、心細かったりしたせいなのか?甘えんぼべったりにさらに磨きがかかっております(笑)

これで、後はせせりが治ってくれれば・・・心底安心できるのですけどねぇ。
[PR]

by neko_myboom | 2010-05-29 14:05 | にゃんこネタ

経過観察・・・してられないかも!?

c0023170_1037596.jpgGW中も投薬生活だった、我が家のせせり嬢のその後。
連休が明けてから、病院で再検査を受けました。
結果、肝臓及びアンモニアの数値は・・・以前よりも良くなっているものの、まだ正常値には至らず。
これを「治りかけている」と見てしばらく静観するか、それとも「他に原因がある」と見て更なる精密検査を行うか。
悩ましいところですが・・・本人は至って元気で、重篤な状態とも思えないとのことで。
先生と相談し、薬を変えて、さらに数週間様子を見ましょうということになりました。


c0023170_10394448.jpgという訳で、せせりの避妊手術は当分先の事になりそうなため、のんびり構えるつもりになった途端、そうも言っていられない緊急事態が勃発。
今度はねぎまくんが、突如スプレー行動を起こし始めまして。 Σ(゚д゚lll)ガーン

せせりが発情している気配はないため、まだまだ大丈夫だろうとは思いつつ、でもここまで大きくなったし、そろそろねぎまの方を・・・と考えていた矢先の事で。
あわてて病院に相談したのですが、病院とこちらのスケジュールが来週の後半まで合わず。
何とか予約はしましたが、手術まで1週間余りの日数が空いてしまいました。
それまで、ねぎまのお尻を追っかけては雑巾掛け、の日々が続きそうです・・・(^^;)


まぁ、それはそれとして。
今回は手術直前に検査をして頂く事にしましたが、ねぎまにも異常が!?・・・なんて事がないよう願いたいです(;;)
そして手術が無事終わりますように。
そして・・・二人がこれからも仲良くいてくれますように。
c0023170_10414223.jpg

[PR]

by neko_myboom | 2010-05-19 10:26 | にゃんこネタ

これも、キミたちのためだから・・・(;;)

我が家の愛猫、ねぎまとせせり。
初めての春を迎え、そろそろ「大人の準備」をしなければなりません。

c0023170_120302.jpg以前からお医者さんと相談して、まずはこの春、せせりの避妊手術から・・・の予定でした。
しかしせせり、生後7ヶ月を超えても、未だに体重が3kg足らず。
大人になってもこのくらい小さい子はいると聞いてましたし、普段ホントに食べない子なのですが、遊びたがりで元気は有り余っている感じで、心配はしない・・・ようにしてました(^^;)
でも、この間ねぎまの怪我で病院に行った時、ついでに連れていって計ってもらったのが2.3kg。
そこから2ヶ月近く経つのに、体重がほとんど増えていないような。
さすがに不安になり、手術に問題がないか、病院で事前に検査をしてもらったところ。
血液検査で肝臓のダメージを示す異常数値が。
血中のアンモニアの数値も高く、老廃物の排除がきちんとできていないのではないかと。
「門脈体循環シャント」という、異常な血管のバイパスができることで肝臓に汚れた血が通らず、全身を回ってしまう病気の可能性もあるとまで言われ・・・大ショック(;;)

長くなるので・・・続きはこちら。
[PR]

by neko_myboom | 2010-04-16 11:01 | にゃんこネタ

その後、無事確保。

台所と居間のテーブルの上で発見しました。
c0023170_10332373.jpg
c0023170_1033323.jpg
c0023170_10361631.jpg
え~、シーサーではありませんよ(笑)
ねぎまがおとなしく寝てる隙に観察してみたところ。
上の犬歯が2本ずつ・・・いらっしゃる気がするんですが。
これも生え変わりの時期ならではってことですかね~?

[PR]

by neko_myboom | 2010-03-03 10:36 | にゃんこネタ

成長の証?と、加速する「オヤバカ」(笑)

つい先日の事ですが。
部屋の片隅に、小さくて白い何かのかけらを発見。
何だかギザギザしてて、触った感じはまるで貝の殻みたいな硬さで。
「ナンダコリャ?」と思ってその時はそのまま、何の気なしにゴミ箱にポイッて、してしまったんですが・・・

後日、ダンナ@K三氏と話していて、あれって・・・ひょっとして生え変わりで抜けた猫の「歯」だったんじゃね?という話になり。
うちに来てもう4ヶ月になろうかという二匹。もうそういう時期ですよねぇ。
そういえば歯茎みたいなのもうっすらついてた気がする・・・

そう思うと、それも成長の記念じゃないか?という気持ちが募り。
次の可燃ゴミの日の朝、ゴミ袋を必死に漁っている、おバカがここに一人(笑)
結局見つけられなかったんですけどね・・・(;;)
普段は自然に抜け替わって、食事なんかと一緒に食べちゃって気がつかない事が多いと聞きますし。
もう見ることはないのかなぁ・・・何だかもったいなかった???

c0023170_11122753.jpg

寒い日は猫との密着度もぐんと上がりますなぁ(〃 ̄ー ̄〃)
特にねぎまは腕枕が大好きで。
で、ちょっとここのところ、今まで気にならなかった口の臭いが気になったりもしてたので、ひょっとしたらあれはねぎまの歯だったのかも?
何せ爪切り嫌い、口の中もなかなか見せてくれないヤツなので、確認は取れておりませんが・・・。
[PR]

by neko_myboom | 2010-02-16 11:00 | にゃんこネタ

至らない「オヤ」を許してね(;;)

c0023170_0562476.jpg
ねぎま(奥)とせせり(手前)、我が家に来てから早3ヶ月が過ぎました。
すっかり大きくなり、家の中を縦横無尽に走り回っております。
特にねぎまは、食器棚や冷蔵庫の上にも上がる様になって、すっかり我が物顔。

そんな中、2週間前になりますがちょっとした事件が。
朝方の4時頃、玄関で「ガシャーン!」と大きな音。
慌てて見に行くと、靴箱の上に飾っていた花瓶が一つ、落ちて割れており、猫たちがその側に。
ねぎまが最近、その花瓶に興味を示していたのでヤバイな、とは思っていたのですが。
明け方だったのでご近所迷惑にならないかと慌てて片付け、その場は何事もなかった・・・と思っていました。

次の日の夜。
相変わらず元気に走り回っているねぎまの、右前足の付け根の辺り、どうも毛が固まっているように見えて。
「あんた、何付けたの?」と捕まえてよくよく見たら・・・
ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!
パックリと切り傷が口を開いてるじゃありませんか!?

翌朝、病院へTELし、ねぎまを連れて急行。
既に傷口が乾いていて、新しい傷ではないようだと言われ。
思い当たるのは、花瓶の事しかありませんでした。
全く様子が変わらなかったので気付かなくて・・・というのは言い訳で。
何故その時とっさに「怪我はなかったか?」と思わなかったのだろう・・・
自分達の至らなさに情けなくなりました(;;)

幸い、傷は表面だけのもので、少し時間はかかるけれどもくっつくだろうとの事で。
縫った方がきれいだと言われましたが、麻酔をかけたところでねぎまがちょっと痛がったので、いわゆる「医療用ステープラー」、ホッチキスの様な器具が登場。
7箇所をパッチン、パッチン。
ねぎま、かなり嫌がってましたが、何とか終了。

そして2週間後。
抜糸・・・じゃなくて針を抜いてもらいに再び病院へ。
傷はきれいにふさがっていて一安心。
ねぎまってば、診察台の上でゴロゴロ言ってるし(笑)
先生に「この子の性格は才能ですね」と褒められて???しまいました。

傷は男の勲章・・・なんて笑ってられるのも今だから。
ホントに至らない「オヤ」でごめんね(;;)
[PR]

by neko_myboom | 2010-02-05 00:53 | にゃんこネタ